ごあいさつ

当倶楽部は、平成23年4月に“子どもから高齢者までの心身の健康づくりを目的に任意団体としてスタートし、翌年平成24年1月17日にNPO法人化しました。

平成27年4月より、認知症の進行防止と予防で気軽に集う「認知症予防カフェ」と放課後児童の安心で元気に過ごす「ふれあいクラブ」の2つの居場所づくりの運営に専念して、地域の課題解決に寄与すべく活動しています。

「ほっとカフェ」(認知症予防カフェ)は、厚労省書の新オレンジプラン施策で久留米市協働推進部の“キラリ輝く市民活動活性事業”として認可を受け、近隣の病院や介護施設・関係団体及び地域の民生委員市民等の18団体60数名の支援体制により、進行防止・早期発見及び予防等に寄与してきている。

平成27年12月には、福岡県の“ふくおか共助社会づくり”で表彰され新聞・テレビ取材を始め支援者や利用者及び関係者の口コミで着実にその輪が拡がってきています。

「ふれあいクラブ」(子ども楽しか塾)は、共稼ぎ世帯の拡大等で放課後の過ごし方が大きな課題になっており、小学生を対象に安心で元気な居場所づくりとして、塾でもない習い事でもない様々な遊びを体験する事により時の挨拶や協調性・自主性を学びながら健全育成を目指す中で、着実にその必要性が理解され継続した取組が期待されています。

また、平成26年度からは久留米市LLアドバイザーバンク及びLLサークルバンクに登録し、子どもから高齢者が楽しく身体を動かす事の大切さや学習のアドバイスをさせて頂いております。

その中でも「けん玉教室」は市内・市外でも活動の輪が広がり老若男女問わず楽しい講座になっています。

2、理念

   「子どもから高齢者までの心身の健康づくりを通じて、

       安心で元気なまちづくりに寄与する」

3、方針

   〇認知症予防カフェ『ほっとカフェ』の運営

   〇子ども楽しか塾『ふれあいクラブ』の運営

4、設立経緯と活動記録

 

平成23年4月 1日 任意団体:城南健康ふれあい倶楽部設立

平成23年4月25日 文部科学省:総合型地域スポーツクラブ

として久留米市役所のホームページに掲載

平成23年6月 1日 第1ステップの3ヶ月短期コースで運営開始

平成23年6月18日 久留米青年会議所主催の

“久留米人まちづくりコンテスト”にてグランプリを受賞

平成23年9月 1日 第2ステップの7ヵ月コースで運営開始

平成23年9月 9日 NPO法人設立説明会開催

平成23年9月25日 設立総会を開催

平成24年1月17日 NPO法人の認可許可

平成25年10月 認知症予防カフェを月曜・金曜の13:30~15:30で開催

平成26年 4月 2つの方針で運営スタート(2つの居場所づくり)

①高齢者が気軽に集う”ほっとカフェ(認知症予防カフェ)”事業

②子どもの心の通う居場所づくり“ふれあいクラブ”事業

平成26年12月 フリースタイルけん玉 九州大会を開催

平成27年 3月 RKB今日感テレビでほっとカフェ中央町(認知症カフェ)放送

平成27年10月 倶楽部として認知症予防カフェ事業で「ふくおか共助社会づくり表彰」にて

福岡県小川知事より表彰状と楯を受賞

平成28年 2月 朝日新聞さんより認知症予防カフェの記事を掲載して頂きました

平成28年 4月 RKBの今日感テレビでほっとカフェ中央町(認知症カフェ)放送

平成28年11月 「ふくおか地域づくりフォーラム」にて活動賞として準グランプリ!