広報くるめ(8月15日号)で紹介されました!

新型コロナで自粛休業が進んだ今年の4月・5月に

どんな取り組みをしていたのかを久留米市の広報くるめで

取り上げていただきました!

 

 

 

 

 

 

↓ 見開き(左)↓

 

 

 

 

 

↓ 見開き(右) ↓

 

 

 

 

 

 

↓記事が見れない方のために下に記載します!↓

家でできる健康チェック

一社)久留米健康くらぶ 事務局長 横道勝紀

認知症の進行防止、予防を目指す認知症予防カフェ「ほっとカフェ中央町」などを運営しています。

登録制で、現在約80人が通っています。

 

↓ 本文 ↓

【利用者と一緒に行う対策】

認知症カフェでは平日、楽しみながらできる脳トレや運動などの進行予防の活動をしていました。新型コロナの影響で利用者が通えなくなったので、電話で様子を確認。ほとんどの人が運動しない、人と話していないことが分かりました。
そこで、日付、体温などを記入する健康チェック表を作って、利用者に郵送。その後も2週間に1回、電話でチェック表を元に状況を確認しました。

体を動かしてほしいという思いから、シートの裏に家でできる運動の絵を描いたり、DVDを作り、家で見てもらったりしました。利用者からはチェック表が体調管理に役立ったとの反響もありました。

カフェでは運営側も利用者側も対策を行っています。双方が一緒に対策していくことが大事です。3密を避け、机の利用を一人一台にして、マスク着用と消毒を徹底。対策をする理由を理解できずにいる利用者もいますが、スタッフが繰り返し説明することで協力してもらっています。

7月からは、携帯、スマホ教室を開催。電話、メールができるようになれば、お互いに安心感も高まります。今後もつながりを継続する方法を一緒に作っていきます。

 

以上